2拠点生活で郵便物を転送する

2拠点生活で郵便物を転送する

2拠点間を季節毎に行ったり来たりしていると、困るのが郵送物。

郵便については、転居届を出して対応します。

秋田に引っ越して来る時に、東京→秋田 の転居届を出していましたが、今回、数ヶ月間東京に帰ることにしました。そこで、東京→秋田の転送を止めて、新たに秋田→東京の転送をお願いしたくなりました。手続きを確認するために、日本郵便に電話して聞いてみました。

結論は、秋田→東京の転送届を出すだけ。(転送を止める手続きはないそうです。新たに逆向きの転居届が出されると新しい方が優先されるとのこと。)

以下、郵便局のHPから引用します。

転居届を出したが、転送を止めたい
転送の解除や中止という手続きはありませんが、現在、旧住所から新住所あてに転送されている場合で、旧住所に戻ってお住まいになられた方については、改めて転居届をご提出いただくことにより、新住所への転送を中止し、旧住所へ配達(新住所から旧住所へ転送)させていただきます。

引用元:転居届を出したが、転送を止めたい – 日本郵便

(後日追記)
秋田(新住所)→東京(旧住所)の転送届を出しました。無事に、東京(旧住所)宛ての郵便物、秋田(新住所)宛ての郵便物の両方が、東京(旧住所)に配達されました。

多拠点生活カテゴリの最新記事