M1 Macbook が欲しいというプログラマ志望の友人が、結局 windows のデスクトップを買った話

結論:iOS/Macのアプリ開発しないなら、必ずしもMacじゃなくて良い。Windows環境も欲しいなら、WinとMacの2台購入もあり。

先日、友人から「Macbookを買いたいので、一緒に店頭で見て欲しい」と言われて、池袋の家電量販店に行きました。

M1 Macbookを見比べる

自分「最新のMacは、インテル製CPU(core i7とか)からアップル製CPU(M1)に変わったんだけど、そのおかげで安くてめっちゃ性能が良いんだ。」

友人「じゃあ、M1って買いてあるMacの中から選べば良い?」

自分「うん。ちなみに、11万円のMacbook airと14万円のMacbook Proで、早さに差はないってさ。一番の大きな違いは、タッチバーっていうキーボードの上にある液晶ボタンだから、タッチバーが要るならPro、無くてもいいならairって感じで決めたら良いと思うよ。」

友人、Macbook Proのタッチバーをしばし触る。

友人「タッチバーは無くても良いね。」

用途を確認すると、M1版macじゃダメなことが判明

自分「あれ?ところで、何でMac買いたいんだっけ??」

友人「プログラミングの勉強をしているんだけど、今使っているWindowsの古いノートPCが遅くて、効率が悪いから、買い換えたいの。」

自分「なるほどねー。M1 Macbook airなんて、10万ちょっとで爆速だよ。ところで、勉強してるプログラミング言語は何?」

友人「これまでは、PHP(注:Web系のライトな言語)を勉強してたんだけど、それはいったんやめて、これからPython(注:AI開発などよく使われる言語)を勉強し始めるところ。勤務先にPythonでアプリ書いてるチームがあるから、そこを手伝えたら良いなと思って。ちなみに、そのチームはWindows環境で開発しているので、自分もPythonのプログラミングはWindows上でしたいな。」

自分「bootcampやparallelsっていうアプリを使えば、mac上でWindowsを動かすことはできるよ。ただ、残念ながら、それらのアプリは現状新しいM1 macに対応していないんだ(注:2021/4/8現在で対応時期未定)。なので、Windowsも動かせること優先するなら、安くて速い最新版のM1 macは諦めて、intelのCPUが載った旧モデルのmacを買った方がいいね。」

友人「そっかー。残念だけど、M1は諦める。」

そもそもMacである必要性はどこに?

自分「うん。あ、そういえば、どうしてWindowsじゃなくてMacなの?」

友人「それは、いつも見ているYoutuberやブロガーが『プログラミングするならMac』って言ってるから、Macを買おうと思ったの。」

自分「その人達ってエンジニア??」

友人「うん、Web系のエンジニア。初心者向けにプログラミングや副業の情報を発信しているよ。」

自分「ああ、なるほど。その手の『プログラミング始めるならMac』って意見は、ポジショントークの部分が大きいよ。Macはカッコ良いし、機種の選択肢も少ないから、オススメしやすいんだ。結果、広告収入に誘導しやすいっていうw」

友人「アフィリエイトってやつね。それは納得。」

自分「一応フォローすると、『Web系の開発をするプログラマは、Linuxの仲間のMacを使った方が良い』という意見なら一理あると思うよ。Web系のサーバって、Windows のサーバはマイナーで、Linux のサーバが圧倒的にメジャーだからね。でも、まあそれは若干向いているくらいの話で、Windowsでも全然大丈夫。」

友人「そうなんだ。」

自分「あとは、プログラミング関係で、明らかにMacが向いていることと言えば、iPhone、iPad、Mac用のアプリ開発くらいだね。むしろ、それらの開発はMacじゃないとできない。」

友人「iPhone、iPadやMacのアプリを作る気はないよ。」

自分「だとすると、友人ちゃんのやりたいプログラミングには、Macが向いているって訳でもないねー。」

友人「そうなんだね。じゃあ、割高なintel版macbookじゃなくて、Windowsノートでもいいや。」

最後は、ノートPCである必要性すら怪しくなり・・・

自分「そう言えば、外出先でプログラミングしたり、打ち合わせしたりするの?あとは、カフェでMac広げたいんだーとか。」

友人「いや、全然(笑)。基本、家に居るのが大好きなので、外でプログラミングしようなんて思わないし。どこかに出向いて打ち合わせするような想定もないよ。時間が大切なので処理が速いことと、コスパが大事!」

自分「そうかー。それだと、家で大きいモニタを複数枚並べてプログラミングしたいよね。じゃあ、もう、ノートPCである必要もないんじゃない?デスクトップPCで良いじゃん。」

友人「うーん、確かにそうだね。WindowsのデスクトップPCで良いね。」

自分「それで、もし外でPCが必要になったら、その時にまた何か買ったら良いんじゃない?それこそ、安くて速いM1 Macbookを買うとか、手書きに向いているiPadを買うとかも良いよね。」

友人「そうだね、そうする!」

結局、AI系プログラマ志望の友人が買ったのは

久しくMacしか買っていない僕には、Windows PCのオススメ機種などなく、機種選定は友人自身に任せました。

友人は、価格.comの売れ筋ランキングを調べ、最終的にLenovoのデスクトップPCを購入していました。将来、機械学習をやりたくなったら、GPU(グラフィックボード)を追加するつもり、と言っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です